Call us toll free: +1 800 789 50 12
Top notch Multipurpose WordPress Theme!

     

児童施設にマスクを寄贈しました


児童夢基金に寄付されたマスク2000枚を、児童養護施設『二葉学園』(5月23日)『至誠 学園』(6月5日)(6月5日)保育園『しせい太陽の子』(5月27日)に手渡しで寄贈しま した。

どの施設からも「思うようにマスクが調達できない中、本当に助かります。」のお 言葉を頂きました。施設ごとに子どもを取り巻く環境の変化や、職員さんたちの苦労につ いてお伺いし、これからの活動について考えるヒントともなった活動でした。

児童施設にマスクを寄贈

第4回 児童夢基金チャリティーゴルフコンペ


2019年4月24日(水)、 参加者16名で大厚木カントリークラブ桜コースにて「第4回児童夢基金チャリティゴルフコンペ」を開催いたしましたことをご報告申し上げます。

午前中小雨混じりのあいにくの天気で、山あり谷あり両サイドOBありの難コースながら、緊張の募金ショットや、表彰式での寄付額の発表、今後のチャリティコンペに関するフリーディスカッションなど、一体感溢れて盛り上がり、普段のゴルフと一味違う、楽しい一日となりました。また、ご参加していただいた皆様からは、今後も基金のパートナーとして、活動をご支援いただけるとの温かいお言葉も頂戴し、より多くの仲間とともに、子供たちの夢を育む活動を続けていける嬉しい一日でもありました。

このチャリティは、児童夢基金の募金活動の一つとして年に2回開催させていただいており、今回は、総額47,500円の寄付金をお預かりいたしました。第1回開催から累計で、228,177円となっております。 児童夢基金の活動主旨にご賛同いただき、ご参加いただきましたゴルファーの皆様、コンペ賞品をご協賛いただきました、企業または個人の皆様、心からお礼を申し上げます。さらにご参加いただける皆様を増やし、私たちの活動のパートナーとして、楽しく活動の輪を広げていけたらと思っております。

「Christmas Charity Dinner Show 2018」


2018年12月8月(土) HIDEBOHチャリティクリスマスディナーショーは大盛況で終わりました。ご来場頂いたお客様、協賛企業様、サポートして下さった皆様に 心から感謝申し上げます。
Tap King!HIDEBOHさんのタップ、歌、楽しいトークに魅せられてお客様から続々と喜びの声が届いております。

子どもたちの夢を叶える虹の架け橋🌈
ご参加をいただいたお客様を始め、協力企業のみなさま、出演者、舞台スタッフ各事務所様、 みなさまのお力をお借りし本チャリティコンサートが終了しましたことを、 心から感謝申しあげます。
これからも子どもたちの夢を叶える、表現する喜びを体験できる企画をして参ります。 引き続き温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。

収支報告

収入
協賛広告 65万円
当日募金 16万円
各寄附金10万円
第3期収入合計見込み 92万円

支出
遊具設置準備金 80万円
諸経費12万円
支出見込み合計92万円

第3回 児童夢基金チャリティーゴルフコンペ


2018年12月3日(月)「富士国際ゴルフ倶楽部 富士コース」にて、22名の参加者で『第3回児童夢基金チャリティーゴルフコンペ』を開催しました。
 今回の参加者は、国外や県外からも多数参加となり、富士山を見ながらの気持ち良いゴルフを満喫した一日となりました。 参加費の一部とショートホールに設けたチャリティー募金で66500円の寄付をお預かりしました。この募金は子ども達の未来に有意義に使わせて頂きます。

また、プレー終了後には、ささやかな懇親会と成績発表をさせて頂きました。 今回もたくさんの協賛企業様より景品の提供をいただき、ありがとうございました。
 当日は、朝早くからのスタートでしたが、皆さまのご協力により、和やかな1日を過ごすことができ、支援をご理解頂いた事に、深く感謝申し上げます。 ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

<協賛企業>
富士国際ゴルフ倶楽部
懐食みちば
横浜中華街牡丹園
三菱食品
ミー
人形町今半
保険のティー・アイ・シー

福島の復興状況を視察・郡山ザベリオ学園訪問


2011年12月3日、福島にて東北大震災の復興状況を視察。

郡山に向かう前に海岸線(松川浦アリーナ)を走る
海岸線は線量低め 0.056mcsv/h
しかし、3.11の地震がどんなに凄い規模だったのか、まるで人間の無力さを天から笑っているのではないか・・・ そう思わせる惨い状況が続きました。

[生々しい傷跡がのこる]

全く手つかずのまま斜めになっている家屋、船が玄関につっこんだまま、いつ帰宅できるかわからない主を待つ家・・・
震災後ここでみなが暖をとったと思われるブルーシートの仮設避難所 ぺちゃんこになった自動販売機。一階部分だけがごっそり裸になった鉄筋コンクリートのビル・・・
原発の対応で、この場所の復興までまだとても手が回らないのだろうかとさまざまな思いがよぎりました。

[本当の復興はいつ?]

郡山ザベリオ学園訪問 0.30mcsv/h
事務長 大堀由美子さん、中学校教諭 橋本晶子さんが迎えて下さいました。

○幼稚園から中学まであるこの学園は、原発の影響を心配し、転校する生徒が
 後を絶たない。
○幼稚園はいまだ外遊び禁止。中学の保護者からも、できるだけ外に出さないで欲しい。と要望がある。

[一人ひとりが輝いて生きる教育を目指すザベリオ学園]

打ち合わせ中にソフトテニス部の女子中学生数人が挨拶にきてくれました。
「東京からわざわざありがとうございます」と、本当に屈託のない笑顔が印象に残ります。
震災から8カ月がたった今、生徒たちは様々な気持ちをようやく表現できるようになったそうです。 模造紙に書かれていた生徒たちの「8カ月の思い」その心の叫びは・・・。


他府県に引っ越す友達を「がんばってね!」と見送ってきたけれど、
本当に頑張らなければいけないのは、ここに残る私たちなのではないか・・・

   私たちここにいていいの?
一人二人と友達がいなくなる中で、不安が募る

   孤立していくのでは・・・
『私たちはここにいます』

◆「つながり」「絆」「希望」「光」
ザベリオ学園では、生徒たちの発案で、12月17日にクリスマスイベント 「smile for all」を開催することになっているそうです。 メッセージを込めたキャドルに灯をともし、福島に住む私たちの気持ちを一つにしよう! そして、他府県からのメッセージをスタンドに書いてもらい、「つながり」を感じたい!という願いです。

[生徒たちの想いがカタチになるイベントです]

・・・しかし、問題が発生していました。
「借りられるはずだったキャンドルスタンドが今になってキャンセルになってしまい、どうしたらいいか途方に暮れているのです。 来年3月11日にもこのキャンドルを灯したいと考えているのですが、あちこち手を尽くしてもなかなか手に入らないのです・・」
涙ながらにお話しされる橋本晶子教諭の姿を見ながら「児童夢基金」で早急に動けば間に合うのでは・・と考えました。

すぐに、心あたりのある事務所の協力を得られることが確認でき、500個相当のキャンドルスタンド代金60000円を「児童夢基金」で支援させて頂くことに・・・。

12月17日納入までに東京からメッセージを集めることは厳しいので、今回のキャンドルナイトでは、ザべリオ学園の生徒にメッセージを書いてもらい、 来年3.11の点灯の時に東京からメッセージを贈ることになりました。

◆今回の福島視察を終えて・・・  今回、直前のハプニングもあり、内心とても不安な道中でしたが、福島訪問を終えて、 放射能の不安と恐怖の中で暮らされている方々と、遠くはなれて暮らすわれわれの根本的な違い。そして現地の中学生が感じている「見捨てられてしまうのではないか」という恐怖心。 本当につらい状況でも懸命に生きて、その現状を受け入れていく人々。 なにがわれわれの使命なのか・・・ ・・・もしかしたら、「つながり」を持ち続けることが、今後の一番の課題なのではと感じました。 あなたは、一人ではないよ
だれかが必ずあなたをみています・・・
「福島」♥「東京」そして、全世界へ・・・
伝えたい思いがたくさんたくさんあります
「児童夢基金」として、 これからゆっくりと、そして確実に、私たちらしく出来ることを見つけていきたいと感じました。 ぜひ皆様からの伝えたい気持ちをお寄せください。
事務局:青柳由美子

◆◆◆ 福島へメッセージを送りました ◆◆◆
児童夢基金では、「郡山ザベリオ学園」の生徒が企画するイベント「smile for all」で、キャンドルスタンドの資金を援助するとともに、震災から1年後の2012年 3月11日に間に合うよう、833通のメッセージを贈りました。 みなさまからの暖かいことばをありがとうございました。
・2012/2/22 833通のメッセージを送付
・2012/3/06 福島よりお礼のが届きました