第2弾 福島!元気に遊ぼうプロジェクト

第2弾 福島!元気に遊ぼうプロジェクト

 震災後、福島県では原発の影響で、屋外での活動が制限されている地域がたくさんあります。 今回は、福島の子どもたちに、限られた時間をおもいっきり遊んでもらうためのプロジェクトです。
 まずファーストステップは、養護施設「福島県相馬市立愛育園」。 原発から30Km圏内に位置し、2時間しか外で遊ぶことができないため、人気の遊具には順番待ちの列が続いているそうです。 現場の先生方からのご意見もいただき、今回は子どもたちが大好きな一輪車とホッピングを贈りました。
 そしてセカンドステップは「郡山ザベリオ学園」。福島に住む私たちの気持ちを一つにしよう!と生徒たちが企画したイベント「smile for all」にて、 キャンドルスタンドの資金を支援。
 そして、福島のこどもたちの支援はまだまだ続きます。 被災地のニーズを的確につかむ児童夢基金の活動は、ご賛同いただけるみなさまがたかたからの募金にて支えられています。 みなさまのご理解とご協力をどうぞよろしくおねがいいたします。


◆◆◆ 支援活動報告 ◆◆◆
▼1輪車・ホッピング・縄跳び・ボールの寄贈


▼キャンドルスタンド資金を支援