◆◆◆ 支援報告 ◆◆◆
大船渡の子どもたちへ運動会の椅子を支援

大船渡市立猪川小学校からの要請にて、運動会で子どもたちが座る折りたたみ椅子313名分を支援し、お礼のお手紙をいただきました。
いきいきとした運動会の様子や、全校を代表して、5・6年生のみなさんの“将来の夢”も同封していただきました。 震災から4年、いまや「入学したときにはすでに校庭がない」という子どもたちが大半となっていることが改めて伝わってきます。

一般社団法人 児童夢基金
  ご担当者様

関東まで梅雨入りしたそうですが、いかがお過ごしでしょうか。
この度は、児童313名分の椅子のご支援をいただき、大変ありがとうございました。雨で順延となりましたが、お陰さまで、6月7日(日)岩手県立大船渡高等学校のグラウンドをお借りし、盛大に本校大運動会を開催することができました。これも、児童夢基金様はじめ、たくさんの方のご支援によるものと感謝申し上げます。

来年度の予定はまだ何も決まってはおりませんが、子ども達が笑顔で運動会を行うことができたらと願っております。 本当に、ご支援ありがとうございました。

大船渡市立猪川小学校


支援した児童313名分の折りたたみ椅子

運動会のスローガン



◆5・6年生のみなさんの“夢”より(抜粋)
〔5〕年・男子

○つなみなどで家をなくした人たちのために、かせつやふっこう住宅などをたくさんたててほしい。
○いま、のぞむことは、校庭で運動会をしたいことです。
○大船渡がもとどおりになるように、大人になったら、自分のためにもみんなのためにも働いて、募金したいです。 
○プロ野球選手。活躍してお金をいっぱいもらいたいから。
○大船渡が、いろいろな建物がたってにぎやかになってほしい。
○大きなビルをたててそこを会社にした方がいい。働けない人をそこで働かせてあげたいし、自分もそこで働きたい。
○教師になりたい。次の世代の子達にも、いろいろなことを分かってほしいから。
○カフェを開いて、コヒーや紅茶をいれ、クッキーを焼きたい。
○大船渡がにぎやかになってほしい。にぎやかに復興が進んでほしいから。
○2020年の東京オリンピックに出たい。活躍してみんなを元気づけたい。
○天文学者になりたい。わけは、とくいなのがイタズラ、天文学などしかないから。そのためには、とりあえず、時間と神話の本、十二宮占いの本がほしい。

〔5〕年・女子

○自分の学校で運動会をしたいことです。なぜかというと、学校で運動会をしたことがないからです。                
○つなみの前の大船渡になってほしい。                
○かんごしになりたい。そのために本を読んで頑張りたいです。
○デッサン力をつけて美大に行きたい。 
○お父さんの仕事を手伝いたい。今までいろいろお世話になったから。そのために料理を覚えたい。
○パン屋さんになりたい。おいしいパンを作って、食べた人に喜んでほしいから。
○自分の学校の校庭で運動会ができるようになってほしい。わけは、学校で1回もやったことがないので、ねがいがかなうなら学校で1回でもいいから学校で運動会がしたい。
○世界の争いがなくなってほしい。戦争で亡くなっている人が大変いるから。自分の部屋がほしい。のんびりできるから。  
○将来は、自分の仕事がきちんとこなせる大人になりたい。あとで困るのは嫌だから。
○大船渡からいろんな所に行ける「高速道路」がほしいです。親が運転していて大変だからです。 
○将来の夢はかんごしになりたいです。理由は、かんごしになって病気の人やなやんでいる人を助けたいからです。 

〔6〕年・男子

○農業をやりたい。自分で野菜などを作って、それを食べたいから。
○岸投手みたいなストレートを投げたい。プロ野球の選手になりたいから。
○消防士になりたいです。おじいちゃんも消防士だったから、ひきつぎたい。
○佐藤工業に入りたい。お父さんがつとめていて、溶接をするのがかっこいいから。
○プロサッカー選手。ベガルタ仙台のホームスタジアムでプレーしたいから。
○発明家、科学者。理由、今ないものを作りたいから。
○つきたい仕事は、大工です。理由は、いろいろな家をたてて、みんな笑顔にさせたいから。
○学校の校庭で遊べるようになってほしい。今の遊び場が少ないから。
○仮設住宅がなくなり、津波が全くなかったかのようにもどってほしい。苦労している人がたくさんいるから。
○将来の夢は、映画監督です。理由は、みんなによい映画を作って見せたいからです。

〔6〕年・女子

○ピアニスト。今よりもっとピアノを上達させて、曲を作ってみたいから。
○ドラマの手伝いやADさんをやってみたいです。わけは、前にいろんなドラマのメイクをしている人がきて、テレビに関わる仕事が楽しそうだったからです。
○保育士。子どものお世話が好きだからやってみたい。小さい子だから、ふれあえそう。 
○将来の夢は、バドミントン選手になりたいです。わけは、雨や風がない日はいつもバドミントンの練習をしているからです。(自分の家の庭で)
○入浴剤を作る仕事。みんなが気持ちよくお風呂に入ってほしいから。 
○小学校の先生になりたい。たくさんの子どもたちとふれあいたいから。猪川小学校にもどってきたいから。 
○栄養士(栄養管理士)になりたい。給食を考え、作りたいと思ったから。
○私は、将来パテイシエになりたいです。理由は、震災後自分の好きな食べ物を食べれなかったので、そんな時のために一口、二口ぐらいのケーキも作って食べてもらいたいから。

未来を担うみなさん!夢を教えてくれてありがとう。
みなさんが自分らしい夢を抱いて、
しっかりと前に進む力を育んでいけるよう願っています。


児童夢基金では、子どもたちの健全な環境を願う
みなさまからの積極的な支援要請をお待ちしております。
どうぞお気軽にお問合せください。