◆◆◆ Yumefund Festival Vol.3 ◆◆◆

佐治晴夫博士

佐治晴夫博士 博士のプラネタリウムで月探査機「かぐや」に乗船!
博士のパイプオルガンとピアノ演奏で宇宙が見える!
博士とひも解く「これからがこれまでを決める」事って?
博士の宇宙教育と平和教育のつながりって?
「宇宙創生」人間の感性が科学によって包まれる感動の2 時間。
お子様から大人まで、宇宙にたっぷりと酔いしれる盛りだくさんの内容です。

◆概 要◆
2014年9月20日(土)
12:00 開場 12:30 開演
◆場 所◆
玉川学園 礼拝堂/ プラネタリウム
◆内 容◆
◆佐治晴夫博士のトーク
◆パイプオルガン&ピアノのコンサート
◆プラネタリウム上映.....etc
◆参加費用◆
大人5,000 円/ 中・小学生3,000 円
当イベントによる収益金はすべて、一般社団法人児童夢基金を通じ未来を担う子どもたちが夢を抱き、前に進む力を育むサポートをするための基金として役立てられます。
※未就学児の入場はお断りさせていただきます。
◆お支払方法◆
下記ホームページよりお申込の上、参加費用をお支払いください。 お席に限りがございますので、お申し込みはお早めに。  
※お支払いは、直接、児童夢基金実行委員への手渡しでも承ります。
みずほ銀行 小舟町支店 普通 1277437 児童夢基金
(振込手数料はご負担にてお願いいたします) 
◆佐治晴夫プロフィール◆
1935 年東京生まれ。理学博士。東京大学物性研究所、NASA 客員研究員、玉川大学、 県立宮城大学教授などを経て、鈴鹿短期大学学長を歴任、現在同大学名誉学長、大阪 音楽大学大学院客員教授。
NASA でボイジャー計画や地球外知的生命(ET)探査計画にも関わり、1977 年、太陽系・外惑星探査を 目的として打ち上げられたボイジャーに「ET との遭遇」を想定し、地球からのメッセージとしてバッハの プレリュードなどの音情報の搭載を提唱し、実現。ジョディ・フォスター主演のET とのコンタクトを描いた映画「コンタクト」への制作協力(カールセー ガン原作)。
また《1/fゆらぎ》の理論を日常生活の家電製品等に取り入れ、世界初のVHS 長時間録画用磁気ヘッドや「ゆらぎ扇風機」などの開発を推進 し、プロジェクトリーダーを務める。理学博士でありながら音楽をこよなく愛し、日本文藝家協会員としての著作も多い。 有り余る才能は多種多芸で、能楽も嗜みながらスピードスポーツの世界にも精通。
もどる