6月12日 実行委員会 

日ごろより「児童夢基金」に御賛同いただき有難うございます。
2014年6月12日行われました、実行委員会につきまして下記ご報告申し上げます。



1. 代表挨拶(省略)


2. 佐治先生の講話とプラネタリウム企画(青柳)
・日程:9月20日(土)・・・・7月20日頃リリース予定
・時間:12:30開演(12:00開場)
・場所:玉川礼拝堂→プラネタリウム(仮 かぐや上映)→KEYAKI?
・会費:大人5000円 小・中学生3000円(小学生は中学年以上)
・テーマ Yumefund Festival vol.3 仮)佐治晴夫先生のサイエンス シンフォニー ~宇宙からみた私~
すごいプロフィールを持つ、佐治先生の多才で魅力的なお話やパイプオルガンの演奏と、太宰先生の監修によるプラネタリウム上映を組み合わせた企画。定員150名。チラシは500部程度を予定。 すでにプロジェクトメンバーが動き出し、来週には佐治先生を交えての京都会議が予定されている。代表にチラシのたたき台を用意していただき、顧問にアドバイスをいただいて近日中に作成段階へ。


3. 支援要請について(若松)
NPO法人徳丸子どもセンターより、福島と東京の子どもたちとの合同親子キャンプ開催にあたり、「福島からのバス代」の一部の支援要請を受けた。 金銭援助だけでなく、どのような関わり方ができるのかも検討の余地あり。 窓口に秋元委員を交渉担当として任命。 支援金額については、引き続き検討。


4. リアスリーグについて(青柳)
・日程:12月6日(土)
・場所:QVCマリンフィールド(千葉ロッテマリーンズ本拠グラウンド)
・テーマ:リアスリーグの決勝戦
頑張った子どもたちのため、観客10000人を動員して応援しよう!
大規模なイベントなので、委員全員がプロジェクトメンバーの自覚をもっ  て事にあたる。有難い事に、青柳理事の元にはすでに各方面からの応援・支援の名乗り出、推薦が集まり始めている。 イベントへの協賛・協力の体制をどのようにとるか、今後主催者との細かい話し合いが必要と思われる。 各委員には、観客動員案を様々出していただいたが、基本は純粋に子どもたちの試合の応援に焦点をあわせた動員活動に重点を置くことがのぞましい。(近隣の学校・児童施設への広告・メディア利用など)


5. 経費について(高橋)
・今期の交通費申請は、事務処理上5月分までとする。 ・備品保管場所利用代金の支払い (高岡家倉庫の一部を占有の為、年間1万円で了承)



臨時総会

平成25年7月21日
司会 高橋 睦美



1.開会宣言


2.総会出席者の確認
出席者10名(開会時) 委任状5名 よって総会成立<


3.理事挨拶
・『児童夢基金』規約により、総会で承認を得なければ企画が具体化できないので、出席者の多い本日の実行委員会の一部を臨時総会とする。
・ポイント委員会の方々にご尽力いただいた。
・今後も委員の得意分野を生かして、社団法人の運営を進めていきたい。


4.議長選出
代表理事に依頼


5.議案審議 
第1号議案 
羽田雄一郎氏の役職名について
立ち上げ当初から尽力いただき、今後も海外を含む幅広い活動の為に、不可欠な立場にある羽田氏に、渉外担当理事として、理事の一人に加わっていただく。
第2号議案  
児童夢基金広報担当 3名の人選
・・・活動の広がりによる広報スタッフ充実の為
HP担当リーダー: 若松三容子
サポート隊(校正・広報担当補佐): 青山泰之 ・ 岡野麻子
第3号議案  

委員への報酬について
ボランティア団体であることを念頭に置いた上で、 ポイント委員会で検討していただいた点数に基づき、個々の活動の参加状態を評価。今期は1ポイントを100円相当で換算の見通し。 支払いは銀行振込とし、振込手数料を皆さまに負担して頂くことの承認を得た。
第4号議案  
サポートメンバーと名刺作成について
今後予想される大がかりなイベントでは、委員以外のサポートメンバーが不可欠になると思われる。その際にはイベント毎にサポートスタッフとして募集し、報酬は交通費支給・場合によっては専門性に応じてプラスアルファとし、ポイントでの換算は行わない。名刺などの活動備品は必要に応じて支給する。


6.議長解任


7.閉会宣言
総会終了

ニュース一覧