実行委員会 2012.1.23

日ごろより「児童夢基金」に御賛同いただき有難うございます。
2012年1月23日に行われました実行委員会につきまして下記ご報告申し上げます。

実行委員会


Ⅰ.高岡委員長挨拶
夢基金が発足してわずか半年とは思えない充実した活動でした。
本年も全委員の積極的なご意見、企画等を出し、また和気藹々と基金活動を進めていきたいです。 本年もみなさんよろしくおねがいいたします。


Ⅱ.「アルバムプロジェクト」の経過報告と今後の動きについて
現時点で、気仙小学校3学年分のアルバムが完成し配布済。さらに3学年分が完成予定となっているが、気仙中学校の方は1冊あたりの単価が小学校分よりも高く、まだアルバム自体を探している学年もある。現在当アルバムプロジェクトの資金だけでは当初の目標補助は厳しい。
◇岩手県の玉川学園同窓会支部にも協力依頼中。
◇中学のアルバムを担当している業者と夢基金が連携を強める。
◇アルバムを取り戻したい児童は対象外の学校にもいるはずなので、
 今後のプロジェクトの現地窓口の整備強化必要。
◇現地業者の御尽力は大である今後感謝表明してゆく。


Ⅲ.「福島!元気で遊ぼうプロジェクト」の経過報告とキャンドルナイトについて
◇郡山ザベリオ学園訪問の際、急遽キャンドルホルダー500個(六万円)の寄付を委員長に進言。委員会の事後承認により決定。
→本日の実行委員会にて承認いただく。
◇ザベリオ学園での追悼イベントは学園の卒業式等の都合により、11日開催が不可能となり、カトリックのNovelaという儀式に従い1日~9日の夕方4時から毎日キャンドルに火を灯すことになった。
◇キャンドルホルダーにつけるメッセージについては締め切りを2月20日とし、事務局住所まで郵送または20日の会議に持参のこと。 ホームページでも引き続きメッセージを集め、集まったものは実行委員にて代筆する。


Ⅳ.児童夢基金実行委員 サポート委員(仮)の提案
◇ 強力にサポートしてくださるスタッフのポジションを明確化するため、
 「サポーター」についての一文を規約に追加。


Ⅴ.募金を募るための「各種イベント」について
◇5月13日(日)チャリティーイベント決定!
 主催、児童夢基金。プロデュースと協賛を「sunsmile」へ依頼。
◇オペラ歌手の今尾氏によるチャリティーコンサートイベント前向きに検討。
◇第二回ホームチャリティコンサート前向きに検討。


Ⅵ.事務局HP担当より
◇募金のお願いのページより「一口5000円」という一文を削除しました。


Ⅶ.事務局より
 昨年9月、アルバムプロジェクト現地打ち合わせ結果として、教育現場を担う教職員の負担の多さと心身とも疲弊されている現状についてご報告いたしました。当実行委員会ではこの現状を真摯に受け止め、現場教育者へのケアーをサポートする策の議論を繰り返してきましたが、 なかなか実行に移せるプロジェクトが見つからず暗礁に乗り上げていました。
 その後、事務局担当委員である羽田雄一郎氏の働きかけで、文部科学省事務次官通達にて被災3県の教育委員会に、 現場教育者の休暇取得とメンタルヘルスへの配慮を求めるに至りました。 これも、みなさんに支えられている児童夢基金の活動が実を結んだ成果のひとつです。 ありがとうございます。
 今後とも現場のニーズをしっかりと受け止めていく活動をおこなってゆきましょう。

ニュース一覧